休日のお知らせ
金属アレルギーとは 金属アレルギーの実態調査 当店の3つのこだわり 装着試験について イオンプレーティングについて 全国の金属アレルギーパッチテストができる病院

マウスピースの金属アレルギーを防止するコーティング(アレルバスター加工)

近年金属アレルギーの方が増えておりますが、管楽器のマウスピースへお問い合わせが多く、当社のアレルバスター加工をすることにより従来のマウスピースへの金メッキが取れてくるという問題から、より耐久性と耐金属アレルギーを考えたコーティングをご提供させていただいております。


第433回日本皮膚科学会大阪地方会で「金属アレルギーを発症しても金管楽器演奏は可能である」との発表で、当社の金属アレルギー防止加工をしたマウスピースが紹介されました。

第433回日本皮膚科学会大阪地方会で「金属アレルギーを発症しても金管楽器演奏は可能である」との発表で、当社の金属アレルギー防止加工をしたマウスピースが紹介されました。

第433回日本皮膚科学会大阪地方会

鶴田大輔、石井正光(大阪市立大学皮膚科)
後藤仁志(大阪市立大学代謝内分泌内科)
兼藤紀美子、酒井文子(石切生喜病院皮膚科)

詳しくはPDFでご覧いただけます(約220KB )>>
※閲覧にはAcrobat Readerが必要になります。


 アレルバスター加工(金属アレルギー防止コーティングについて)

お預かりしましたマウスピースに、特殊下地処理とチタンのイオンプレーティングをさせて頂きます。
(※ イオンプレーティングはNASAで開発された金属皮膜のコーティング技術です。)
色は金色か銀色をお選びいただけます。

マウスピースの金属アレルギーを防止するコーティング

 

 ご使用者様のお声

東京都 R.H.様(某高校の吹奏楽部の先生です)

以前金メッキのマウスピースを使っているときは身体の調子と共に唇の調子が悪くなり腫れたり切れてしまったりしたのですがこのマウスピースにかえてからは身体の調子が悪くても唇の調子は全く悪くならなくなりました。

音色は金メッキのマウスピースに比べ少し明るくきらびやかな感じになりましたが演奏することについての問題は全くありませんでした。


金属アレルギー防止コーティング

京都府 M.U.様

長年ホルンを吹いて参りましたが、5年ほど前から、時折唇が何とも言えないようなかさつきを覚えるようになり、治ってはまた悪化したりの状態が続きました。
アマチュアではありますが、楽器を吹くからには、練習の成果がコンディションの悪さで妨げられるのはとても悔しいものがあります。
もう楽器も止めようかなと思うこともありますが、偶然ツイッターで御社の企画を知り、飛びついてしまいました。

仕上がりはとても美しく、また使用感も違和感がありません。唇の状態も改善し、もうこの1ヶ月悪化することはありませんでした。コンサート本番も迎えましたが、唇を気にすることなく吹ききることが出来ました。
金管吹きの中で金属アレルギーは珍しいものではなく、代替となるマウスピースもあれこれ売り出されてはいますが、やはり気に入っているマウスピースをそのまま使いたいと思っていました。今回のコーティングは、正に理想的なものとなり、本当に感謝しています。ありがとうございました。


熊本県 T.F.様

先日は、マウスピースのチタンコーティングを施工していただき、ありがとうございました。
前までは、丸一日楽器を吹くと次の日は唇がカサカサになり、またひび割れ等で薬が手放せず、その副作用でデキモノもでき、大変不便な思いをしておりました。
しかし、演奏会は待ってくれないので、練習が本格的になってくると、ベストな状況からどんどんかけ離れていくのを何年も経験しました。
その中、見かねた先輩から紹介していただき早速注文すると、施工も早くまた、リムに傷がついていたのも研磨して(メールで施工確認あり)もらい、きれいになって返ってきました。
口当たりも吹き心地も特に変わらず、肝心な効果も嘘のように改善され、2回公演あった定期演奏会も無事にこなす事ができました。
今後は、マウスピースを買い換えた時にも必ずコーティングを頼みたいと思います。

本当にありがとうございました。



※研磨を施した例

香川県 T.O.様

オーケストラ、吹奏楽団、金管バンドでチューバを吹いています。
普段、銀メッキのマウスピース(A社)を使用しており、口周辺の痛みや水ぶくれで悩んでいましたが、気に入ったマウスピースなので我慢して使用していました。

9~11月A社銀メッキでオーケストラの練習(週1日)に参加。
約3時間の合奏で、チューバなので吹いているのは1時間程度だが、終わる頃には口周辺に水ぶくれができる。
11月中オーケストラのリハーサル、ゲネプロ、本番と2日間の演奏。
本番前には痛みのために口に当てるのもツライ。翌日は皮がむける。
12月初A社マウスピースをチタンコーティング施工に出したので、B社ピンクゴールドメッキを使用。
金管バンドの練習に参加。ほとんど吹き通しの約3時間の合奏で、赤くなり腫れが出る。
12月中チタンコーティングされたA社マウスピースが自宅に届く。
A社チタンを使用して自宅で練習。約1時間吹いたが口周辺に痛み等なし。
A社チタンコーティングを使用して金管バンドの練習に参加。
1時間半ほどの合奏でほとんど吹き通しだが、痛みも水ぶくれもなし。
12月末A社チタンコーティングを使用して金管バンドのゲネプロと本番。
ゲネプロ2時間程度、本番2時間程度吹いたが、痛み腫れ等の症状はなし。



以上使用レポートです。



中学校や高等学校の吹奏楽部で所属している方やプロとして金管楽器を演奏されている方で金属アレルギーの場合、楽器を使うと口の周りがかゆくなったり腫れてしまい大変な思いをしているがどうすればいいのか?また、プラスチックのマウスピースではなく元の素材に近い状態のマウスピースを使うためにはどうすればいいのか?そういった音楽を演奏することを楽しみたいのに演奏することが困難になっているというお悩みを解決するために開発した金管楽器のマウスピースコーティング処理です。

 メディアに掲載されました

平成24年
9月15日
(2012年)

第433回日本皮膚科学会大阪地方会で「金属アレルギーを発症しても金管楽器演奏は可能である」との発表で、当社の金属アレルギー防止加工をしたマウスピースが紹介されました。

第433回日本皮膚科学会大阪地方会で「金属アレルギーを発症しても金管楽器演奏は可能である」との発表で、当社の金属アレルギー防止加工をしたマウスピースが紹介されました。

第433回日本皮膚科学会大阪地方会

鶴田大輔、石井正光(大阪市立大学皮膚科)
後藤仁志(大阪市立大学代謝内分泌内科)
兼藤紀美子、酒井文子(石切生喜病院皮膚科)

詳しくはPDFでご覧いただけます(約220KB )>>
※閲覧にはAcrobat Readerが必要になります。

平成24年
9月号
(2012年)

Band Journal[バンドジャーナル]9月号で紹介されました。

Band Journal [バンドジャーナル] 9月号
「マウスピースをコーティングして金属アレルギーを防止する新技術」として、当社のアレルバスター加工が紹介されました。
(株式会社 音楽之友社)

記事の内容はこちら>>

平成23年
9月号
(2011年)

管楽器専門月刊誌
PIPERS [パイパーズ] 9月号
Pick up 今月のNEW PRODUCTSに、金属アレルギーで悩むの金管楽器奏者へ、マウスピースへのコーティング… が掲載されました。
(株式会社 杉原書店)

記事の内容はこちら>>

 

以下の文面をご確認の上、加工に関して承諾を頂きましたら、お申し込み時にプルダウンから「同意します」をお選びの上お申し込みをお願いいたします。


↓↓↓↓↓↓↓

アレルバスター加工(耐アレルギーコーティング加工)の承諾書


アレルバスター加工(耐アレルギーコーティング加工)のお申し込み、誠に有難うございます。
加工にあたり、以下の事項につきましてご確認の上、お申込み時にプルダウンから『同意します』をお選びいただきお申込みください。その後、商品の加工を承らせて頂きます。

◎加工をした商品を元に戻すことは出来ませんので予めご了承くださいませ。
◎表面はチタン(金色系、銀色系)になりますので、お預かりしたマウスピースと色が異なります。
◎アレルバスター加工(耐アレルギーコーティング加工)には、お預かりから加工期間約2~4週間程度かかります。
◎金属アレルギーの原因には色々なケースが考えられます。もし、かゆみなどが出た場合はご使用をお止めください。
また、この加工は、金属アレルギーのみを予防する商品で、医療用ではありません。従って、これらの商品によって金属アレルギーを治すことはできません。また金属アレルギーの治療は、専門の皮膚科医にご相談ください。
◎表面層には非常に硬い硬化層を置いておりますが、加工後の商品に、地金まで達するような傷がついた場合は、傷の部分から中の金属イオンが流出する場合があります。金属アレルギー防止を目的としてご使用の場合は、再度チタンコーティングをしていただきますようお願いいたします。

(※お申し込み時にプルダウンで「同意します」をお選び頂いた時点でアレルバスター加工の承諾書にご承諾いただいたものとさせていただきます。同意されない場合、本サービスはご利用できません。)



▼ 必ずご確認ください ▼

  1. 備考欄に、お送り頂きますマウスピースの表面がどのようなメッキをされているかがお分かりの方はご記入ください。(金メッキ、シルバーメッキ、イオンプレーティングなど)
  2. マウスピースの中には、表面を研磨する必要がある場合がございます。現状では約5%の確率で発生しております。(未使用でも加工の必要な場合がございました)

    その場合は、追加費用として5400円(税込)の研磨代がかかります。尚、事前にご連絡を入れさせて頂きます。

    ※ご使用中のマウスピースで、別途研磨をご希望の場合は上記の5400円(税込)が必要になります。
  3. お申し込み後、マウスピースを弊社にお送りいただく際は、【宅配便】等 追跡調査が可能な方法でお送りいただきますようお願いいたします、普通郵便では送らないでください。 (紛失や事故等があった場合には何も保証できません)
  4. マウスピースを弊社JBCへお送りいただく際の送料はお客様負担でお願いいたします。
    加工後、JBCよりお客様へマウスピースをお送りする際の送料は弊社が負担いたします。
  5. 加工には商品お預かりをしてから約2~4週間程度かかります。
  6. 一度加工をしますと、コーティングをとることはできません。
  7. 仕上がり後のマウスピースには、強酸性や研磨剤の入ったクロス、クリーナー、錆び取り剤などは絶対に使用しないで下さい。


◆価格(税込)は下記の通りです
・マウスピース(ホルン) 12,636円
・マウスピース(トランペット、コルネット、フリューゲルホルン)  18,252円
・マウスピース(トロンボーン、ユーフォニアム、アルトホルン)23,868円
・マウスピース(チューバ)29,484円


※ 2015年2月、安全性をより一層高めるため、表面処理方法を変更いたしました結果、価格を見直しさせていただいております。

※2015年5月、2011年よりマウスピースに対する金属アレルギー防止加工サービスを実施しておりますが、今回初めて金属アレルギー加工がうまく施せない事例ございましたのでご報告させて頂きます。
原因と致しまして元のマウスピース表面に施されておりますシルバーメッキの密着性が悪く金属アレルギー加工の膜に膨張が起こり剥離が発生。剥離した部分については金属アレルギーが発生する可能性がございます。
ドイツ T社製





お急ぎの方は加工済みのマウスピースも販売しています。


金属アレルギー対応コーティング済
【ホルン用】マウスピース


金属アレルギー対応コーティング済
【トランペット用】マウスピース

商品コード:mouthpiece
【お手元のマウスピースをお預かり、コーティング】マウスピース の 金属アレルギー を防止するコーティング(アレルバスター加工) jbcj 安心 金管楽器用 マウスピース
送料無料
アイテムイメージ

販売価格 (税込) 12,636円
当店ポイント126P進呈
【コーティング加工承諾書の確認】
【仕上がりの色をお選びください】
返品についてはこちら>>