休日のお知らせ
金属アレルギーとは 金属アレルギーの実態調査 当店の3つのこだわり 装着試験について イオンプレーティングについて 全国の金属アレルギーパッチテストができる病院
イオンプレーティングとは・・金属アレルギー防止コーティングについて

■チタンは金属イオンが溶け出さないとされており、耐金属アレルギーに有効な金属ですが、同時に電気メッキができないため、長い間コーティング技術の進歩を待つ状態でした。その後、チタンをイオン化して電子ビームで表面に衝突させるチタンイオンプレーティングという技術の開発のおかげでチタンのコーティングが可能になりました。

このイオンプレーティング(IP)とはNASAの宇宙開発の技術から生まれた表面処理の最先端技術です。
真空装置内でプラズマを生成し、蒸発原子をイオン化した後、電子ビームで加速してチタンなどに衝突させて皮膜を形成する方法です。
このイオンプレーティングは密着性や耐食制にすぐれ、従来の湿式メッキのように廃液も出ないため、無公害の技術です。
ただ、金属アレルギー防止の為にチタンのイオンプレーティングを使用しても、残念ながらチタンイオンプレーティングは時間とともに黒く変色(酸化チタンTiO2)していきます。
そこでこの技術をベースに、硬化層と表面にプラチナや金をイオンプレーティングでコーティングする新しい技術が開発されました。
この技術のプラチナイオンプレーティング(ゴールド、ブラック)を利用した商品が、当社のチタンジュエリーです。

その後、この技術を応用して、従来の金やプラチナなどの金属アレルギーでお困りの方のジュエリーにこのコーティングを応用できないかと研究を始めました。

単純にイオンプレーティングをしただけでは、金属アレルギーが防止できない実験結果も出て、試行錯誤の結果、高価なプラチナとチタンをイオン化したイオンプレーティング技術、特殊な下地処理との組み合わせで、きれいな色合いを持った、耐金属アレルギーコーティングを実現いたしました。尚、このコーティングした商品は、金属アレルギーの患者様に装着テスト(1ヶ月間)を東京、神奈川、兵庫の各皮膚科で行い、金属アレルギー防止効果の確認(詳細は『コーティングの安全性の検証』を参照)ができております。
特殊下地処理は特許出願中


↓通常の純チタンの変色見本(酸化チタンTiO2)。
チタンリングの変色見本
純チタンの変色見本でともにミラー面です。
通常販売されています純チタン製品(写真右)は変色します。

※チタンの表面処理にはスパッタリングや陽極酸化法などもありますが、密着性の高いイオンプレーティングと下地処理の技術で金属アレルギー防止に成功いたしました。



金属アレルギー専門店 コンテンツ
意外に多くの方が悩んでいる金属アレルギー
アクセサリーやジュエリーをつけていて、
赤くなったり、かゆくなった経験がある女性はなんと3割!
私たちがこだわった3つの”なぜ?”
本当に価値のあるものを提供し、
ジュエリーで皆様に幸せになってもらいたいから。
安全性の検証することにこだわりました。
弊社が開発いたしました、耐アレルギー加工コーティングは
この手順で安全性の検証を行いました。
特許出願中の特殊下地処理で可能になった
非アレルギーコーティング(金属アレルギー防止)について
実は人間の自分を守る為の機能がアレルギーの原因
金属アレルギーはどうしておこるの?
アレルギー性接触皮膚炎の発症のメカニズム
皆様の不安を解消する為に
よくあるご質問!